IDC Japan、国内クライアント仮想化関連市場のベンダー別シェアと市場予測 ~クライアント仮想化ソリューションのトップ3は、富士通・日立・CTCの順

IDC Japanは6月28日、国内クライアント仮想化関連市場のベンダー別シェアを発表した。IDC市場の同市場は、シンクライアント専用端末、クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)、クライアント仮想化サービス(Desktop as a Service)の3つの市場で構成される。以下、個々の市場についてまとめている。

国内シンクライアント専用端末市場の2020年の出荷台数は計31万6142台で、前年比15.5%減となった。この理由についてIDC Japanでは、「過去最高の出荷台数を記録した2019年からマイナス成長となったものの、30万台を超えたことを踏まえると市場全体は堅調であった」と分析している。2019年からの金融、通信、情報サービス、製造業における大型案件が継続したという。

ベンダー別シェアは、日本HPが1位で、以下、富士通、デル、Atrust(エートラスト)、NECの順。となりました。種類別(フォームファクター別)に見ると、全体の約6割超をモバイルシンクライアントが占めた。モバイルシンクライアントの割合は上昇傾向を示しているという。

国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場の売上額は6336億円で前年比9.8%減。同市場が前年比マイナスとなるのは初めて。

ベンダー別シェアは、富士通が1位で、以下、日立製作所、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、日本IBM、NTTデータ、日本ヒューレット・パッカード、NECの順だった。富士通は2年ぶりに1位に返り咲いた。

国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場 ベンダー別 売上額シェア、2020年
国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場 ベンダー別 売上額シェア、2020年 Source: IDC Japan, 6/2021

国内クライアント仮想化サービス(Desktop as a Service)市場の売上額は815億円で、前年比3.3%増。

ベンダー別シェアは、NTTデータが1位で、以下、富士通、日鉄ソリューションズ(NSSOL)、IIJ、NEC、日立製作所の順だった。IDC Japanでは「2020年からプライベートクラウドDaaSに加え、パブリッククラウドを利用したクライアント仮想化サービスが増加しており、2021年も同様の傾向が進む」と分析している。

2021年~2025年の国内クライアント仮想化関連の市場規模

またIDC Japanは、6月7日に国内クライアント仮想化関連市場の2021年~2025年の動向予測を発表している。今回は新型コロナの影響を考慮して、Baseline(基本シナリオ)、Optimistic(楽観シナリオ)、Pessimistic(悲観シナリオ)の3つの予測シナリオを立てたという。

国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場 ベンダー別 売上額シェア、2020年
国内クライアント仮想化ソリューション市場 COVID-19 シナリオ(Baseline/Optimistic/Pessimistic)別売上額予測/前年比成長率、2020年~2025年 Source: IDC Japan, 6/2020

Baseline(基本シナリオ)によると、2021年はプラス成長(4.9%)となり、2022年以降もリモートワーク/在宅勤務の拡大および定着化によって堅調に推移する。新型コロナ以前の水準に戻るのは、「国内経済/ICT市場の回復よりも半年から1年早い2022年以降」と予測する。

Optimistic(楽観シナリオ)では、2021年は8.1%の成長となり、新型コロナ以前の水準に戻る。その後もリモートワーク/在宅勤務を採用する企業の増加により、市場全体の成長が続くという。

Pessimistic(悲観シナリオ)では、2023年までマイナス成長となり、プラス成長に転じるのは2024年以降とみる。世界経済・国内経済とも停滞し、クライアント仮想化市場全体もその影響を受けるとの予測である。

[i Magazine・IS magazine]

More Posts