文字読み取り&業務自動化ソリューション|AnyForm OCR + AutoMate ~OCRソフトとRPAツールの連携でFAX受注~基幹システム入力を完全自動化

 

PA化の壁を突破する
連携ソリューション

 IT業界で今最も旬な業務支援ソリューションと言えばRPAである。では、そのRPAでも自動化困難な古くからある定番の作業といったら何を思い浮かべるだろうか。

 答えは、FAXで受信した注文書の基幹システムへの入力作業である。FAXの注文書は、手書きであったり、帳票の形式がいろいろであったり、FAXによる歪み・かすれ・汚れがあるなど、システム化に向かない要素がある。さらには、注文品や発注企業の入力をコード番号で行っている場合は、製品名や会社名をコード番号へ変換する必要がある。この変換は、誤記や表記の乱れを訂正しながら行う、やや高度な作業なので“翻訳”などと言われたりする。そして、こうした点がRPA化の壁となってきたのである。

 ところが最近、これらの問題を解決し、FAXによる受注から基幹システムへの入力までを自動化するソリューションが登場している。ハンモックのOCRソフト「AnyForm OCR」と三和コムテックのRPAツール「AutoMate」の連携によるソリューションである。

 

高精度の文字認識など
多様な機能をもつAnyForm OCR

 AnyForm OCRは、独自開発のOCRエンジン(特許取得済み)を搭載し、高精度の文字認識機能と明細行が長短さまざまな可変明細にも対応可能な機能を備える。さらに、ドラッグ&ドロップですばやくビジュアルに帳票設計が行えるデザイナー機能ももつのが大きな特徴である。

 ツールの仕組みは、FAXやメール添付、郵送などで受信したデータを「リーダー」が判読し、TIFFまたはJEPG、PDF形式で「OCR受付フォルダ」へ保存。OCR受付フォルダに画像ファイルが追加されたら、「エクスポート」によって帳票ごとにCSVまたはExcel形式で出力し、その出力結果(OCR結果)とFAX受信した元データとを「ベリファイヤー」によって照合し、違いがあれば修正するというものだ。

 AnyForm OCRのOCR機能が特徴なのは、高精度の文字認識機能に加えて、認識支援辞書や得意先マスター、得意先マスター別送付先マスター、商品マスターなどの文字認識を補填するエンジンを備えていることである。これにより、OCR項目に対して変換されるべき値を事前に辞書・マスターとして登録しておけば、OCRの処理時に会社名や商品名の一部に誤字・脱字・誤記があったとしても、OCR結果とマスター登録の値とを照合し、正しい値をOCR確認画面に反映させることができる。

 AnyForm OCRは、1台でリーダー、ベリファイヤー、エキスポートの各機能をもつ「デスクトップ版」と、ユーザーの利用環境に合わせて各機能を自由に配置・構成可能な「クライアント/サーバー版」の2タイプがある。デスクトップ版は200万円~、クライアント/サーバー版は610万円~。稼働OSはどちらもWindowsである。

 

80種類の自動化機能を
備えるAutoMate

 AutoMateは、今年に入って急速にユーザー数を伸ばしているRPAツールである。導入企業の60%はIBM iユーザーという。

 AutoMateの特徴は、70種類の自動化機能と15種類の自動起動トリガーをドラッグ&ドロップで組み合わせることにより、さまざまな業務を自動化できることである。また、自動化の対象となるプラットフォームがWindows、Linux、UNIX、IBM iなどと幅広く、各種仮想環境(VMware、Hyper-Vなど)やクラウド(AWS、Azure)、Javaプログラム、各種エミュレータ(IBM i、IBMメインフレーム、Telnet、VT100など)に対応しているのも大きな特徴である。

 デスクトップ版(AutoMate)とサーバー版(AutoMate Enterprise Server版(AutoMate Enterprise Server)の2タイプがあり、デスクトップ版にはPC 1台用の「Pro」と3台構成の「Premium」がある。価格は、Proが69万9000円、Premiumが120万5000円、AutoMate Enterprise Serverが215万円~。

 

AnyForm OCRとAutoMateの
連携ソリューション例

 AnyForm OCRとAutoMateを連携させると、次のような自動化を実現できる。

 FAX受信した注文書をAnyForm OCRによってOCR処理し、ベリファイヤーにより確認・修正された結果のCSVファイルをフォルダへ保存。所定のフォルダへのファイルの保存をAutoMateが確認すると自動で処理を開始し、WebブラウザからIBM iエミュレータを起動して受注入力画面を表示。そしてAutoMateで設定済みのプログラムに従い、CSVファイルから取引先や倉庫ナンバー、商品コード、数量などを抜き出して基幹システム(受発注管理システム)へ登録していく、というような処理である。入力処理が終われば、処理終了の確認メールを取引先へAutoMateでの設定に基づき送信することもできる(図表)

 このソリューションは、FAX受注処理の実情に即した対応機能をAnyForm OCRとAutoMateが備えているために可能になったものである。また、AnyForm OCRは各種スキャナや複合機などにも対応するので、FAX受注処理以外にもさまざまな適用が考えられる。RPAの活用と同様、アイデア次第である。それに応える機能を、AnyForm OCRとAutoMateは備えている。

 なお、両製品の連携は、イグアスがコーディネーションし推進しているソリューションである。

 

[i Magazine 2018 Winter(2018年11月)掲載]