OpenShiftを共通項としてハイブリッドクラウド戦略を共同で拡大 ~CTCと日本IBMが戦略的パートナーシップ提携

日本IBMと伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は11月12日、ハイブリッドクラウドサービス事業で戦略的パートナーシップを拡大する、と発表した。

提携の理由として両社は、次の点を挙げている(要旨)。

・近年、各企業ではハイブリッドクラウド環境への移行や、コンテナ基盤を活用してアプリケーションのクラウド化を進める動きが活発化している。

・それに必要となる機能やサービスは多様化しており、エンタープライズ品質で組み合わせ、コンプライアンスに準拠したセキュアな運用を含めた高品質なサービスの提供が求められている。

・技術革新のスピードや求められる対応範囲の広さおよび深さの点から、一企業が単独ですべてを実現することが難しくなってきており、企業間の連携によるサービス拡充が必要。

CTCは、「OneCUVIC」というブランド名でハイブリッドクラウドを推進している。この中核には、IBMのハイブリッドクラウド戦略と共通する、Kubernetes/OpenShiftベースのマルチクラウド・ソリューション「CTC C-Nativeサービス」があり、Microsoft AzureやAWS、GCPを利用するハイブリッド/マルチクラウドで多数の実績をもつ。

 

CTCのOneCUVIC
CTCのOneCUVIC

 

両社は今後、両社のサービスを組み合わせ、「CTCのクラウドおよびOneCUVICの拡充・強化」を検討する。検討項目は以下の4点。

①ITインフラ利用型サービス
②アプリケーションのモダナイズ化を支える基盤サービス
③マルチクラウドインテグレーションおよびマネージドサービス
④マルチクラウド環境下におけるマネージドセキュリティサービス

また検討対象とする主な製品は、次のとおりという。

◎CTC
・ホステッド・プライベートクラウド・サービス「CUVICシリーズ」
・CTCデータセンターサービス
・CTCマルチクラウドマネージドサービス
・C-Native

◎IBM
・IBM Cloud
・IBM Power
・IBM Cloud Satellite
・Red Hat OpenShift
・IBM Cloud Pak for Watson AIOpsに代表される各種ミドルウェア

さらに今回の提携により、CTCの5つデータセンターで提供するホステッド・プライベートクラウド・サービス「CUVICシリーズ」とIBM Cloudはつながるという。

今回の提携は、中期経営計画で「強い領域におけるさらなる探究と市場拡大」を掲げOneCUVIC戦略を推進するCTCと、Red Hat OpenShiftを基軸にパートナーとの共創戦略を推進するIBMの考えが合致した結果と見ることができそうである。

 

Red Hatを基盤とするIBMのハイブリッドクラウド戦略
Red Hatを基盤とするIBMのハイブリッドクラウドRED
Red Hat製品を軸にするIBMのパートナー戦略
Red Hat製品を軸にするIBMのパートナー戦略

 

[i Magazine・IS magazine]

More Posts