パブリッククラウドの成長を促す4つの新しいトレンド ~米ガートナーが発表、年率20%増以上で拡大するパブリッククラウド市場予測も

パブリッククラウドの成長を促す4つの新しいトレンド ~米ガートナーが発表、年率20%増以上で拡大するパブリッククラウド市場予測も

米ガートナーは8月2日、パブリッククラウドの分野別市場規模の予測を発表するとともに、パブリッククラウドの成長を促す4つのトレンドを発表した。

パブリッククラウドの分野別市場規模の予測は、下の表のとおり。

2021年の市場規模は全体で3961億4700万ドルとなり、対前年比26.2%増。分野別の構成比と対前年成長率は、次のとおりとなった。対前年比で全体(26.2%増)を上回ったのは、PaaS、IaaS、DaaSである。

・SaaS :36.7%(対前年比20.5%増)
・BPaaS :12.8%(対前年比10.7%増)
・PaaS :20.1%(対前年比35.7%増)
・クラウド・マネジメント&セキュリティサービス:6.5%(対前年比14.6%増)
・IaaS :23.1%(対前年比42.3%増)
・DaaS :0.5%(対前年比60.3%増)

一方、2022年は、市場全体で21.7%増の4821億5500万ドルと予測する。分野別で全体の対前年比を上回るのは、2021年と同様に、PaaS、IaaS、DaaSの3分野という。また、企業のIT支出に占めるパブリッククラウドの割合は、2021年の17%未満が、2026年には45%を超えると予測している。

下表の単位は万ドル、BPassSは「ビジネスPaaS」、CMSSは「クラウド・マネジメント&セキュリティサービス」の略。

クラウドの種別2020年2021年2022年2022年成長率(%)
SaaS1206億8600万1455億900万1719億1500万18.1
BPaaS460億6600万510億2700万555億3800万8.8
PaaS589億1700万800億200万1006億3600万25.8
CMSS226億6400万259億8700万297億3600万14.4
IaaS642億8600万915億4300万1216億2000万32.9
DaaS12億3500万20億7900万27億1000万30.4
合計(単位:ドル)3138億5300万3961億4700万4821億5500万21.7

 

ガートナーでは、パブリッククラウドの成長を促すトレンドとして、次の4つの潮流を挙げている。

●ユビキタス化するクラウド(Cloud Ubiquity)
●地域別クラウドエコシステム(Regional Cloud Ecosystems)
●持続可能&脱炭素インテリジェントなクラウド(Sustainability and “Carbon-Intelligent” Cloud)
●クラウド基盤プロバイダーによるAI・MLベースの自動化サービス(CIPS Providers Automated Programmable Infrastructure)

以下は、各トレンドについてのガートナーのコメントの要旨である。

ユビキタス化するクラウド

クラウドコンピューティングでは、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、エッジなど新しい分散型クラウドモデルが成長している。これに、5Gのリリース16/リリース17などの新しい無線通信技術が加わることによって、クラウドは、より広く、深く、ユビキタスに利用できる新たなレベルへと押し上げられるだろう。モバイルバンキングの利便性向上やヘルスケアの変革などのユースケースも登場するだろう。

地域別クラウドエコシステム

地政学的な規制の細分化や保護主義、および業界におけるコンプライアンスの高まりは、新しい地域的かつ垂直的なクラウドエコシステムやデータサービスの構築を促している。とくに金融機関や公共関連の企業は、自国以外のクラウドプロバイダーによるロックインや単一障害点を減らしたいと考えている。

独自のプラットフォーム・エコシステムを構築・維持できない地域は、他の地域で構築されたプラットフォームを利用せざるを得なくなり、その結果、ある程度のコントロールと主権を維持するために法律や規制に頼らざるを得なくなる。このような地域では、政治家、学術界、技術者の懸念が高まり、すでに欧州諸国ではGAIA-X(編集部注:GAIA-Xは2019年にスタートしたオープンなデータ流通基盤のためのプロジェクト)のような取り組みが行われている。

持続可能&脱炭素インテリジェントなクラウド

ガートナーの2021年CEO調査では、回答者の半数近くが、気候変動の緩和が自社のビジネスに大きな影響を与えると考えている。このことは、企業のシステム基盤および運用担当者に新たな課題をもたらしている。

クラウドプロバイダーは、持続可能性への関心の高まりに対応して、より積極的なカーボンニュートラルの企業目標を制定しているが、クラウドサービスプロバイダーの選択は今後、プロバイダーの“グリーン”な取り組みいかんによる可能性がある。

クラウド基盤プロバイダーによるAI・ML(機械学習)ベースの自動化サービス

クラウド基盤プロバイダーが、AI/ML対応のクラウドサービスを広く採用することが期待される。これにより、パブリック・クラウドを採用する基盤・運用担当者の負担が急速に解消される。

 

ガートナーのプレスリリース「Gartner Says Four Trends Are Shaping the Future of Public Cloud」

[i Magazine・IS magazine]

More Posts