ガートナーが「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」発表 ~ピーク期に「分散型アイデンティティ」「非代替性トークン」が急浮上

Gartner Hype Cycle 2021
図表 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年 出典:Gartner、2021年8月

 

Gartnerは8月23日(現地時間)、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。

今回は、1500を超えるテクノロジーを分析し、「今後5~10年にわたって購読な競争優位をもたらす可能性が高い、押さえておくべき先進的なテクノロジおよびトレンド」をまとめている。

ガートナーの「ハイプ・サイクル」は、新たに登場したテクノロジーがどのような軌跡をたどって成熟度を増し普及するかを示したもので、「黎明期」「『過度な期待』のピーク期」「幻滅期」「啓発期」「生産性の安定期」の5つのフェーズに分かれる。

2021年のハイプ・サイクルで「『過度な期待』のピーク期」に入ったのは、次の6つ(カッコ内は、主流の採用までに要する年数。以下同じ)。このうち、「分散型アイデンティティ」と「非代替性トークン」が突如として登場している。

・分散型アイデンティティ(2~5年)
・データ・ファブリック(5~10年)
・非代替性トークン(2~5年)
・AI拡張型ソフトウェア・エンジニアリング(5~10年)
・従業員コミュニケーション・アプリケーション(2~5年)
・コンポーザブル・アプリケーション(2~5年)

また、「『過度な期待』のピーク期」の手前にある「黎明期」のテクノロジーとしては、次の4つである

・ジェネレーティブAI(2~5年)
・マルチエクスペリエンス(5~10年)
・デジタル・ヒューマン(10年以上)
・アクティブ・メタデータ管理(5~10年)

以下は、2017年~2020年の「『過度な期待』のピーク期」と「黎明期」にリストされたテクノロジーである。

2020年のハイプ・サイクル

『過度な期待』のピーク期

・説明可能なAI(5~10年)
・ソーシャル・ディスタンシング・テクノロジー(2年未満)
・セキュア・アクセス・サービス・エッジ:SASE(5~10年)
・組込型AI(2~5年)
・データ・ファブリック(5~10年)
・コンポーザブル・エンタープライズ(2~5年)
・AI拡張型開発(5~10年)

黎明期

・責任あるAI(5~10年)
・マルチエクスペリエンス(5~10年)
・人のデジタル・ツイン(5~10年)
・シチズン・ツイン(5~10年)

図表 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年 出典:Gartner
図表 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年 出典:Gartner、2021年8月

2019年のハイプ・サイクル

『過度な期待』のピーク期

・グラフ分析(5~10年)
・5G(2~5年)
・バイオチップ(5~10年)
・エッジ・アナリティクス(5~10年)
・自律走行(レベル5)(10年以上)
・低軌道衛星システム(5~10年)
・エッジAI(2~5年)

黎明期

・説明可能なAI(5~10年)
・パーソニフィケーション(5~10年)
・ナレッジ・グラフ(5~10年)
・合成データ(5~10年)

図表 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年 出典:Gartner
図表 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年 出典:Gartner

2018年のハイプ・サイクル

『過度な期待』のピーク期

・ブロックチェーン(5~10年)
・シリコン負荷電池(5~10年)
・仮想アシスタント(2~5年)
・IoTプラットフォーム(5~10年)
・カーボン・ナノチューブ(5~10年)
・ディープ・ニューラル・ネット(ディープラーニング)(2~5年)
・デジタル・ツイン(5~10年)
・バイオチップ(5~10年)
・スマート・ワークスペース(5~10年)
・ブレイン・コンピュータ・インターフェース(10年以上)
・自律モバイル・ロボット(5~10年)
・スマート・ロボット(5~10年)

黎明期

・ディープ・ニューラル・ネット向けASIC(5~10年)
・AI PaaS(5~10年)
・量子コンピューティング(5~10年)
・立体ホログラフィック・ディスプレイ(10年以上)

図表 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2018年 出典:Gartner
図表 先進テクノロジのハイプ・サイクル:2018年 出典:Gartner

2017年のハイプ・サイクル

『過度な期待』のピーク期

・ドローン(2~5年)
・ブロックチェーン(5~10年)
・コグニティブ・コンピューティング(5~10年)
・ナノチューブ・エレクトロニクス(5~10年)
・自律走行車(10年以上)
・機械学習(2~5年)
・ディープラーニング(2~5年)
・コネクティッド・ホーム(5~10年)
・仮想アシスタント(5~10年)
・IoTプラットフォーム(2~5年)
・スマート・ロボット(5~10年)
・エッジ・コンピューティング(2~5年)
・強化データ・ディスカバリ(2~5年)

黎明期

・スマート・ワークスペース(5~10年)
・会話型ユーザー・インターフェース(5~10年)
・ブレイン・コンピュータ・インターフェース(10年以上)
・立体ホログラフィック・ディスプレイ(10年以上)
・量子コンピューティング(10年以上)

Gartner Hype Cycle

「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」プレスリリース

[i Magazine・IS magazine]

More Posts