エンタープライズインフラ市場のベンダー別シェア、1位富士通と6位IBMの差は4倍弱 ~IDCが2020年市場調査を発表

IDC Japanは6月21日、「2020年国内エンタープライズインフラ市場シェア」を発表した。

IDC定義の国内エンタープライズインフラ市場は「サーバー」と「エンタープライズストレージシステム」を合算したものだが、それによると、2020年は前年比5.4%減の6701億300万円。

システムタイプ別の内訳は、SoRが38.1%、SoE/SoIが11.8%、その他が50.2%という比率で、SoRは前年比10.5%減の2550億1500万円、SoE/SoIが13.0%減の788億4600万円、その他が1.1%増の3362億4200万円という結果だった。その他がプラス成長であったのは、理化学研究所向け「富岳」や宇宙航空研究開発機構向け「JSS3」、海洋研究開発機構向け「地球シミュレーター」などの大型スーパーコンピュータの出荷が理由という。

ベンダー別シェアは、1位から順に富士通(24.5%)、NEC(15.6%)、デル・テクノロジーズ(11.9%)、HPE(11.0%)、日立製作所(8.8%)、IBM(6.5%)の順。富士通とデル・テクノロジーズが対前年比プラス成長で、他の4社がマイナス成長だった。

IDC Japanは6月21日、「2020年国内エンタープライズインフラ市場シェア」を発表した。
「2020年国内エンタープライズインフラ市場シェア」におけるベンダー別シェア Source: IDC Japan, 6/2021、編集部により作図

配備モデル別に見ると、パブリッククラウドが前年比4.0%減の1219億5400万円、プライベートクラウドが6.5%減の581億7100万円、トラディッショナル(非クラウド)が5.6%減の4899億7900万円。

「2020年国内エンタープライズインフラ市場シェア」における配備モデル別金額 Source: IDC Japan, 6/2021、
「2020年国内エンタープライズインフラ市場シェア」における配備モデル別金額 Source: IDC Japan, 6/2021、編集部により作図

◎参考

次の図は、IDCが今年3月に発表した「2020年国内サーバー市場」のベンダー別シェアである。この図は、今回の調査結果からストレージ売上額を引いた結果になる。

「2020年国内サーバー市場」のベンダー別シェア
「2020年国内サーバー市場」のベンダー別シェア Source: IDC Japan, 3/2021 編集部により作図

そのストレージの調査結果も今年3月に発表されている(「2020年 国内外付型エンタープライズストレージ市場」)。ベンダー別シェアは下記のとおり。それと今回の調査結果を対比すると、日立、デル・テクノロジーズ、IBMの各社においては市場シェアの点でサーバーよりもストレージのほうが勝っていることがわかる。

・日立製作所(16.0%)
・富士通(15.9%)
・デル・テクノロジーズ(13.7%)
・IBM(9.4%)
・NEC(9.0%)

[i Magazine・IS magazine]

More Posts