2020年の「国内AIシステム市場」は前年比47.9%増、2021年は34.1%増 ~IDC Japanが2020年~2025年の市場予測を発表

AI市場調査 IDC Japan
Source: IDC Japan, 6/2021

IDC Japanは6月2日、「国内AIシステム市場予測」を発表した。

それによると、2020年の国内AIシステム市場はエンドユーザーの支出額ベースで前年比47.9%増の1579億8400万円になった。分野別内訳は、以下のとおり。

・ソフトウェア市場:前年比45.2%増    *AIシステム市場の1/3以上を占める
・ハードウェア市場:前年比104.2%増  *スーパーコンピュータ、HPC
・サービス市場  :前年比24.8%増    *コンサルティング、開発・運用支援

IDC Japanでは、「同市場はCOVID-19のマイナスの影響を大きく受けておらず、COVID-19によってAIが新たに対策を講じる必要がある投資重点領域と企業に認識されたことにより継続的に成長」するとし、2021年の市場規模(エンドユーザー支出額ベース)を前年比34.1%増の2119億1600万円と予測。特に「データマネジメントや分析(アナリティクス)、従業員へのリスキリング(職業能力の再開発)を中心に積極的に投資が行われる」という。

2022年はさらに成長を続け、前年比28.7%増。2020年~2025年の年間平均成長率は25.5%で推移し、2025年には4909億8100万円との予測である。

IDC Japanの飯坂暢子氏(ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャー)は、「成長期を迎えている市場ではAIを活用し企業価値を得ている先駆者とそうでない者、企業変革を再認識し取り組みを加速する後発者という形でユーザー企業の層別化が顕著になっている」とコメントしている。

[i Magazine・IS magazine]

More Posts