Home news&trend 03 IBM iのログ

03 IBM iのログ

by kusui

IBM i におけるジョブやシステムタスクのログには、メッセージと呼ばれる通信文が含まれる。メッセージは、通常7桁のメッセージIDとそれに伴うテキスト部分から成り立ち、主にそれらが集積されて各種ログを形成している。

 ログ出力のメカニズムはOSに組み込まれており、ユーザーが作り込む必要はない。OSやジョブに対して設定を施すことで、さまざまな有用なログを活用でき、ユーザーにとって運用しやすいシステム構築が可能になっている。

 IBM iのログには主に、「ジョブ・ログ」「ヒストリー・ログ」「問題ログ」がある。

ジョブ・ログ

 IBM i 上で実行されるすべてのジョブには、その活動を記録するジョブ・ログがある(図表1)。とくに、問題を分析するための手がかりとして非常に重要なジョブ・ログには、以下の情報を含められる。

 

図表1 画像をクリックすると拡大します】

 

・ ジョブで使用したコマンド

・ CLプログラム内のコマンド

・ そのジョブに関連したすべてのメッセージ

 ジョブ・ログの内容の肥大を防ぐため、ジョブ記述やジョブ属性により情報量を制御できる。ジョブ・ログ内の個別のログであるメッセージに関しては、ユーザーのアプリケーションから意図的に出力して処理経過の記録の代わりにできる。

 また処理の結果、不測の事態が発生したことをシステムが通知するメッセージも含まれる。

 とくに後者については、ジョブの異常終了の原因を追跡するうえで非常に有益な情報になるので、一定期間保管しておくことが推奨される。

 

ヒストリー・ログ

 ヒストリー・ログには、システム操作およびシステム状況に関する情報が含まれる(図表2)

 

図表2 画像をクリックすると拡大します】

 

ジョブの開始と終了、システム・オペレーター・メッセージ、およびセキュリティ違反など、システム全体の活動が記録され、システム提供のファイルに保管される。

 ヒストリー・ログを活用することで、問題の分析に役立つ特定のシステム活動をモニターできる。

 ちなみにヒストリー・ログは、以下の点でジョブ・ログとは異なる。つまり、ジョブ・ログがジョブにおけるイベントを順次記録するのに対し、 ヒストリー・ログはシステム内のすべてのジョブに関連した特定の操作メッセージおよび状況メッセージを記録する。

 そこでシステム上の問題を調査する際は、まずヒストリー・ログを確認したあと、 特定のジョブ・ログで詳細を参照するという流れが一般的である。

 

問題ログ

 問題ログには、システム上で発生したハードウェアやソフトウェアのエラーのリストが含まれている。とくにハードウェアの動作異常や警告に関して、過去に発生した内容も含めて情報を一括で収集する際に活用する(図表3)【小林 直樹】

図表3 画像をクリックすると拡大します】

 

related posts