PHPの非営利団体「PHP Foundation」発足、10社が参加、Zend、JetBrains、Laravelなど ~PHPコア開発者への資金提供とPHPの影響力拡大が目的

ZendやJetBrainsなどの10社は、PHPの非営利団体「PHP Foundation」を設立した。JetBrainsのロマン・プロンスキー(Roman Pronskiy)氏が11月22日のブログで明らかにしたもの。

団体設立のきっかけは、PHPの主要コントリビュータで、PHP 7.4、同8.0、同8.1のメジャーリリースに大きな役割を果たしたニキータ・ポポフ(Nikita Popov)氏がPHPの開発から離れることになったため。同氏は今後、コンパイラ基盤「LLVM」に開発に仕事の軸足を移すという。「PHPへの主要な貢献者の1人を失うことは、コミュニティにとって大きな痛手だ。ウェブの78%を動かしている言語を脆弱な立場に置くことになる」と、プロンスキー氏はブログで述べている。

設立に参加したのは、以下の10社。PHPの開発フレームワークやPHPベースで製品・サービスを提供するWebサービス企業などが名前を連ねている。

・Automattic
・Acquia
・Craft CMS
・JetBrains
・Laravel
・PrestaShop
・Private Packagist
・Symfony
・Tideways
・Zend

PHPはこれまでコミュニティベースで開発されてきたが、今回のPHP Foundation設立によっても、PFCのプロセスや言語仕様の決定方法に変更はなく、コミュニティに委ねられている。

今回の団体設立は、PHPコアに取り組むパートタイム/フルタイムの開発者への安定した資金提供と、PHPの影響力の多様化が目的で、資金調達に関してはOpen Collectiveの利用による基金の設立も開始した。11月29日現在、約900人から寄付がある。

・ロマン・プロンスキーのブログ「The New Life of PHP – The PHP Foundation」
https://blog.jetbrains.com/phpstorm/2021/11/the-php-foundation/

・Open Collective(PHP Foundation)
https://opencollective.com/phpfoundation

 

[i Magazine・IS magazine]

More Posts