Power E1080のCPW値はPower 780の3.4倍、IBMが「IBM Power Performance Report」公開、ピークは240コアで526万6000CPW

IBMはこのほど、Power E1080のCPW値やfPerf、SPECなどのベンチマーク結果をまとめた「IBM Power Performance Report」を公表した。

Power E1080のCPW値は以下のとおりである。なお、Power E1080はプロセッサではピーククロック数が3種類のプロセッサを選択できるようだ。3.9GHz、4.0GHz、4.15GHzの3種類である。Power E1080は、1LPAR・40コアで92万2000CPWあり、最大構成の4LPAR・240コアで526万6000CPWとなる。

図表 Power E1080のCPW値
図表 Power E1080のCPW値

 

またPower7サーバー以降のCPW値を比較したのが次表である。今回発表のPower10サーバーはハイエンドのエンタープライズサーバーPower E1080であるので、Power7以降もハイエンド・エンタープライズサーバーとした。コア数は各Powerサーバーとも同数の48コアである。

図表 PowerサーバーのハイエンドモデルのCPW比較
図表 PowerサーバーのハイエンドモデルのCPW比較

 

これによると、Power7(Power 780)からPower10(Power E1080)はCPW値で3.4倍、Power 8(E880)からPower10(Power E1080)はCPW値で2.3倍、Power9(E980)からPower10(Power E1080)はCPW値で1.6倍である。

図表 PowerサーバーのハイエンドモデルのCPW値比較(グラフ)
図表 PowerサーバーのハイエンドモデルのCPW値比較(グラフ)

 

「IBM Power Performance Report」からPower7サーバー以降のCPW値を整理した。次からダウンロードできる。

・Power10、9、8サーバーのCPW値、別タブにPower7サーバーのCPW値(Excelファイル)

 

IBM「IBM Power Performance Report」

「IBM Power Performance Report」カバー

[i Magazine・IS magazine]

More Posts