特集 IBM iユーザーに捧げるGit入門

 

デジタル・トランスフォーメーション(DX)への取り組みが急務であるなか、既存システムのブラックボックス状態をいかに解決すべきかが議論されている。

ブラックボックス化は、カプセル化と同義で使われる場合は決して悪い意味ではなく、むしろ推奨すべきであるが、現在指摘されているのは、「何を実行しているのかわからない」「修正するにも、どこから手をつけてよいかわからない」状態のことで、こちらは1日も早く見える化すべきである。

ブラックボックス化はさまざまなレベルで発生しているが、本稿ではシステムを構築するプログラムのソースコードに焦点を当て、複雑化した現状をどう解決していくか、考察していきたい。

・・・

❶ バージョン管理の重要性

ソースコードは常にリーダブルであるべき

❷ Gitの基礎知識

よく使用する用語の解説と基本機能

❸ RDiとGitの連携

Gitの利用を開始するための準備作業

❹ Gitの活用方法

日常の開発作業でGitを利用する


著者|
小川 誠氏

ティアンドトラスト株式会社
常務取締役

1989年、エス・イー・ラボ入社。その後、1993年にティアンドトラストに入社。システム/38 から IBM i まで、さまざまな開発プロジェクトに参加。またAS/400 、IBM i の機能拡張に伴い、他プラットフォームとの連携機能開発も手掛ける。IBM i 関連の多彩な教育コンテンツの作成や研修、セミナーなども担当。2021年6月から現職。

 

[i Magazine・IS magazine]

More Posts