IBM iのパフォーマンスガイド「IBM i on Power – Performance FAQ」最新版を公開 ~新しいNavigator for iとIBM iサービス、Power10の項目を追加 

Power8サーバーとPower9サーバーのSMP数によるパフォーマンスの変化 ~本ガイドより
Power8サーバーとPower9サーバーのSMP数によるパフォーマンスの変化 ~本ガイドより

 

IBMは10月1日(現地時間)、IBM iのパフォーマンスガイドの最新版「IBM i on Power – Performance FAQ」(英語版)を公開した。全103ページ。

最新版では、次の章で追加・変更を行ったとしている。

・第6章 新しいパフォーマンスツール
・第7章 IBM Navigator for iの最新バージョン
・第8章 FAQの更新
・第10章 パフォーマンス・サービスの追加
・第14章 Power10のアップデート

「IBM i on Power – Performance FAQ」は、IBM iのパフォーマンスについて基本的な理解を提供するのが目的。次の項目をカバーしている。

・パフォーマンスとは何か
・パフォーマンスベンチマークについて
・システムのサイジングとキャパシティプランニング
・パフォーマンスモニタリング
・パフォーマンスデータの収集と分析
・FAQ
・データベースパフォーマンス
・IBM iサービス
・RPG/COBOLとネイティブI/O
・Cコンパイラーの最適化
・JavaおよびWebShpere
・Power Systems
・仮想化
・パフォーマンス問題のレポーティング
・参考文献

・IBM i on Power – Performance FAQ」(英語版)

◎関連記事
IBM iのパフォーマンス・ガイド「IBM i on Power – Performance FAQ」最新版を公開 ~Power Virtual Server利用時の考慮事項などを追加

[i Magazine・IS magazine]

More Posts