IIJ、エッジに配置する「マイクロデータセンター」の実証実験を開始 ~屋外・屋内を問わず設置可能な“超ミニ・データセンター”でエッジ・コンピューティングを促進

実証実験用に設置したマイクロデータセンター ~IIJ白井データセンターキャンパス(千葉県白井市)
実証実験用に設置したマイクロデータセンター ~IIJ白井データセンターキャンパス(千葉県白井市)

IIJ(インターネットイニシアティブ)は10月4日、「マイクロデータセンター」を配置したエッジコンピューティング環境の実証実験を開始した、と発表した。

マイクロデータセンターとは、データセンターに必要な各種装置・設備・機能を12U~38Uサイズの筐体に装備した“超ミニのデータセンター”のこと。防水・防塵・遮音の機能も備えるため、屋内・屋外を問わずどこにでも設置できるのが特徴で、ユーザーはこの“ミニ・データセンター”に、目的に応じてサーバーやストレージ、19インチラック用の各種装置を配置することができる。

 

マイクロデータセンターの概要 左側=標準装備 右側=ユーザーが設置可能
マイクロデータセンターの概要 左側=標準装備 右側=ユーザーが設置可能

 

実証実験は、同社「白井データセンターキャンパス」(千葉県白井市)の屋外にマイクロデータセンター装置を設置し、その設備的な性能と自律運転シナリオの検証、およびデータセンターインフラ管理システム(DCIM)を用いた遠隔からの監視・運用の検証を行う予定。検証期間は2021年9月末~2021年11月(予定)。さらに検証後、IIJのクラウドサービス「IIJ JIO」などと連携させて、ネットワークエッジでデータを処理するMEC(マルチアクセス エッジ コンピューティング)の実証実験を行う予定という。

実証実験のイメージ
実証実験のイメージ

 

マイクロデータセンターの利用により、「IoT機器やFA機器などのエッジデバイスと物理的に近い場所にマイクロデータセンターを設置して、超低遅延が求められるデータ処理や、セキュリティ上の制約がある環境でのエッジコンピューティング基盤として利用可能になる。また、お客様拠点に設置することで、オンプレミスの小規模マシンルームとしての利用も期待される」と、IIJは強調している。

豪Zella DC社製マイクロデータセンター装置

IIJが実証実験で使用するのは、豪Zella DC社製の12Uのマイクロデータセンター装置。筐体サイズと機能別に「Zella Pro 12」「Zella Pro 25」「Zella Pro 38」など5種類の製品があり、各製品とも標準で、アクティブ冷却、物理的セキュリティ、サイバーセキュリティ、内蔵配電盤、ラックマウント型PDU、UPS、DCIMソフトウェア、防火、ケーブル管理などの装置・機能を備える。

Zella DC社のマイクロデータセンター製品
Zella DC社のマイクロデータセンター製品

・IIJニュースリリース
・Zella DCサイト

[i Magazine・IS magazine]

 

More Posts