IBMはReaQtaの買収で、端末の挙動を深層学習するセキュリティ・プラットフォームを手に入れる ~QRadar XDRのポートフォリオを大幅強化へ

 

IBMは11月2日(現地時間)、AI活用のセキュリティ検知・応答プラットフォームを開発・販売するReaQta(リアクタ)の買収計画を発表した。

ReaQtaは、オランダ政府のサイバーセキュリティ部門に在籍していた関係者らが2014年に設立した会社で、本社をオランダに置き、世界20カ国で事業展開している。

主力製品の「ReaQta-Hive」は、AIを活用するEDR(エンドポイント検出&応答)プラットフォーム。アンチウイルス・ソフトやさまざまなセキュリティ製品と連携して既知・未知の脅威をリアルタイムで阻止するとともに、端末の振る舞いをネイティブで深層学習するAI機能によって、端末で疑わしい操作が行われると検知し、即座にブロックする機能をもつ。

このほか以下の特徴がある。

・Nano OS:外部からOSを監視する独自機能で、敵対者による干渉を防ぐ
・先進的スレット・ハンティング(Threat Hunting)機能:120種以上のハンティング・パラメータに対応
・ハイブリッドな展開:オンプレミス、クラウド、エアギャップ環境への展開が可能
・軽量:平均20MB、CPUの1%程度のリソース消費
・使いやすさ、管理のしやすさ

 

ReaQta-Hiveの概要-1
ReaQta-Hiveの概要-1
ReaQta-Hiveの概要-2
ReaQta-Hiveの概要-2

 

IBMでは買収完了後、ReaQtaをIBMセキュリティ事業部に編入し、製品を「IBM Security QRadar XDR」のセキュリティ・ポートフォリオに組み込む予定。これによりQRadar XDRには、ネイティブなXDR機能が加わることになる。

[i Magazine・IS magazine]

More Posts