Kyndryl、ニューヨーク証券取引所に上場 ~年商2兆円、社員9万人の独立会社として新たなスタート

米Kyndrylは11月4日(現地時間)、ニューヨーク証券取引所に上場し、新たなスタートを切った。IBMからの分離は前日の11月3日に完了している。

Kyndrylの上場にあたって、キンドリルの総発行済み株式の80.1%はIBM株主が、19.9%はIBMが保有する形となった。IBMの株主には、保有するIBM株式5株につき1株のキンドリル株が割り当てられた。IBMは19.9%のキンドリル株を、今後12カ月以内に債務返済のために売却・交換する予定という。

Kyndrylのマーティン・シュローター会長兼CEOは、上場にあたっての思いを次のようにビデオで述べた。

「本日、年商190億ドル(2兆1600億円)規模のスタートアップであるKyndrylを立ち上げました。Kyndrylは、世界で最も優秀な9万人近いデジタルエンジニアを擁し、強固なバランスシートと信用格付を有する、成長への道を進む企業です。(中略)当社のお客様は、世界の自動車の45%を製造し、世界のモバイル接続の約半分をサポートし、上位銀行の資産の60%以上を管理しています。(中略)本日は私たちにとって節目の日となりますが、私たちは常に前を向いて前進しています。また、より広範なパートナーのエコシステムの中で、お客様と一緒に働くことが私たちの原動力となっています。共に前進することが、私たちの原動力なのです」

またIBMのアービンド・クリシュナ会長兼CEOは、11月3日付けの同社ニュースリリースで、「Kyndrylの分離は、ハイブリッドクラウドとAIに注力し、テクノロジーとコンサルティングに焦点を当てる、当社のアクションの1つです。独立した会社として歩みを始めるKyndrylとのパートナーシップを楽しみにしています」と語った。

 

◎関連記事

・キンドリルの正式分社化は11月3日 ~キンドリル株式の80.1%をIBM株主に配分、19.9%はIBMの債務返済用
・キンドリルジャパン、事業開始 ~日本IBMから社員の1/5、約4000人が移籍。マネージド・インフラストラクチャ・サービスのエキスパート企業が誕生
・キンドリル、7つの事業エリアと主要10地域の社長・会長を一斉に発表 ~キンドリルジャパン社長は上坂貴志氏に。事業エリアは、クラウド、ネットワーク&エッジなど。
・IBM分社化へ、売上規模の1/3、従業員の1/4を切り離す。「IBMの未来の再定義」

[i Magazine・IS magazine]

More Posts