2020年の世界クラウド市場は前年比24%増、上位5社は32%増で集中化が進む ~IDCが「世界パブリッククラウドサービス市場」調査を発表

IaaS・SISaaS・PaaS・SaaSを含む2020年の世界パブリッククラウドサービス市場は、前年比24.1%増の3120億ドル(約34兆円)。

IDCが5月13日に発表した調査レポートによると、「2020年の世界パブリッククラウドサービス市場は過去4年間と同様の成長を遂げているが、なかでもIaaSとPaaSはより速いペースで成長している。パブリッククラウドサービス市場の約半分を占めるPaaS、IaaS、SISaaSの高い成長率は、アプリケーションの開発と提供を加速し、自動化ソリューションへの需要を反映している」とし、「組織がDevOpsアプローチを選択する中でPaaS、IaaS、SISaaSのソリューションを採用する動きが拡大し、それに伴いサービスの範囲も拡大している。またエッジやIoT分野におけるイノベーションも、PaaS、IaaS、SISaaS市場の成長を加速させている」と指摘している。

 

資料:IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker, 2H20

 

一方、パブリッククラウドサービス市場の半分を占めるSaaSは、前年比18.6%増の1484億ドル(約16兆1800億円)。「さまざまな企業がレガシーアプリケーションのリプレースを急ぎ、データ駆動型で、直感的かつコンポーザブルな分散クラウドアーキテクチャのSaaSアプリケーションを導入している」と述べている。

クラウドベンダー別のシェアは、売上高ベースで

AWS:24.1%
Azure:16.6%
Google Cloud Platform:4.2%
アリババ:3.7%
IBM:2.8%
その他:48.6%

となり、上位5社で市場の約半分という結果だった。また5社の収益合計は全体の38%で、前年比32%増。上位5社の伸びが、クラウド市場全体(24.1%)を上回り、集中化が進んでいる。

資料:IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker, 2H20
資料:IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker, 2H20

なお、本調査は世界49カ国のクラウドサービス企業500社が対象という。

[i Magazine・IS magazine]

More Posts