1/3がAIを利用中、新型コロナにより導入が加速 ~IBMが「Global AI Adoption Index 2021」で15カ国・5501人のAI利用実態を公表

IBMが5月11日(現地時間)に発表したAI利用実態調査「Global AI Adoption Index 2021」によると、回答者の1/3が自社ビジネスでAIを利用中で、そのうちの43%が新型コロナにより導入が加速した、という。

この調査は、IBMがMorning Consul社に委託して2021年4月に実施したもので、15カ国の5501人が回答した。企業規模別では、従業員1000人以上が28%、251人~1000人未満が29%、51~250人が18%、50人以下が25%。役職別では、25%がVPまたはCxO、75%がIT・AI業務に精通している部長ないし上級管理職という内訳である。

国別の導入状況を見ると、導入率が最も高いのは中国とインドで、その一方、導入率は最低であるものの「検討中」の比率が最も高いのがラテンアメリカだった。

大企業と中小企業の導入率の差は18ポイントで、大企業は70%、中小企業は52%である。また、34%がAIを未導入だった。

世界のAI導入・検討中の比率。青色=導入済み、紫色ー検討中

AIの導入理由、障壁、移行時の困難

AIの導入理由のトップ3は、以下である。

・AIの進歩により、AIがより身近になったため:46%
・ビジネス上のニーズ:46%
・新型コロナによるビジネスニーズの変化:44%

その反対に、AIを導入する際の障壁は、次がトップ3だった。

・AIに関する専門知識が限られている:39%
・データの複雑化とデータサイロ:32%
・AIモデル開発用のツール/プラットフォームの不足:28%

これを大企業に絞ってみると、最大の障壁は「データの複雑化やデータサイロの増加」で、中小企業よりも11%ポイント高い。小規模企業の最大の障壁は「AIに関する専門知識の不足」である。また、AIに移行する過程における困難としては、以下が挙げられている。

・信頼できるAIを構築・拡張するためのデータ分析:39%
・AIのビジネスへの浸透:37%
・ビジネスに適した分析基盤を構築するためのデータ整理:37%
・データを収集し、シンプルでアクセスしやすいものにする作業:37%

大企業では「データ分析」と「AIの組織への導入」が移行時の最大の課題で、中小企業では「データの収集」であった。

AIの投資分野 

「新型コロナの影響でAIの導入が加速した」とする回答は、全体の43%に上った。そして1/3がAIへの投資を予定中という。投資先は、以下の分野である。

・利用中のAIアプリケーションやプロセスへの組み込み:34%
・人材育成・人材開発:34%
・既製のAIアプリケーションの導入:34%
・独自のAIソリューションの開発:33%
・独自アプリケーションやモデルを構築するための既製ツールの導入:33%

信頼性の高いAIへのアプローチ  

AIの活用を考える企業にとって、AIの信頼性は極めて重要なテーマである。調査レポートは、信頼性で重視する点、信頼できるAIを開発する上での障壁、モデリングや管理についての課題を尋ねている。

AIの信頼性と説明力の最も重要な点

AIの信頼性・説明力で重要視する項目回答率
ブランドインテグリティと顧客の信頼の維持90%
外部規制とコンプライアンス義務への対応89%
内部の報告義務への対応89%
データおよびAIのライフサイクルの監視・管理能力88%
アプリケーション/サービスのバイアスの抑制 87%

信頼できるAIを開発する上での最大の障壁

信頼できるAIを開発する上での最大の障壁回答率
信頼できるAIを開発・管理するためのスキルやトレーニングの不足65%
すべてのデータ環境に対応していないAIガバナンスおよび管理ツール62%
説明できないAIの結果58%
政府や産業界による規制ガイダンスの欠如58%
信頼できる倫理的なAIを開発するための企業ガイドラインの欠如58%
固有のバイアス(社会的、経済的など)を持つデータ上でのモデル構築58%

企業が軽減しているAIのモデリングと管理に関する最大の課題

AIのモデリングや管理の課題回答率
トレーニングデータの出所が明確でないこと66%
AIモデルの開発・展開に関わる部署間の協力体制の欠如64%
AIポリシーの欠如63%
クラウドやAI環境におけるAIのモニタリング63%
予期せぬパフォーマンスの変化やモデルのドリフト62%
価値創造のスピード62%
モデルからメタデータを取得する能力/コンプライアンスレポート62%
データやモデルのバージョン変更の追跡61%
意図しないバイアス61%
AIによる判断を説明する能力60%

自然言語処理(NLP) 

自然言語処理(NLP)は、AIアプリケーションの中で最も身近な分野だが、既に回答者の約半数が利用中で、1/4が今後1年間に導入予定という結果だった。

利用中または利用予定で人気のある自然言語処理アプリケーションは以下のとおりである。

人気のある自然言語処理アプリケーション回答率
メールやテキストの分類35%
機械翻訳34%
顧客サービス用バーチャルエージェント34%
コールセンターの自動化33%
アンケート分析31%
ターゲット広告29%
複雑な文書の自動分析27%
テキストの要約25%
複雑な文書の検索24%
従業員エンゲージメント用のバーチャルアシスタント23%
感情分析18%

・ニュースリリース「Global Data from IBM Points to AI Growth as Businesses Strive for Resilience」(英語) 
・「Global AI Adoption Index 2021」(英語)

[i Magazine・IS magazine]

More Posts