MENU

南都銀行のバンキング・アプリ開発を日本IBMが支援 ~デジタルサービス・プラットフォーム(DSP)をホストとフロントに連携

日本IBMは4月1日、SBIネオファイナンシャルサービシーズとともに、南都銀行が同日より提供開始する「南都銀行アプリ」の開発を支援した。

「南都銀行アプリ」は、顧客の生活スタイルの変化や多様化するニーズに応えるべく、スマートフォンからロケーションフリーで銀行窓口と同様のサービスを快適かつ安全に利用できるバンキング・アプリである。

シンプルかつ直感的なデザイン、生体認証を活用したFIDO認証(IDやパスワードではなく、生体認証などがベース)に加えて、地方銀行では初となるLIQUID Auth Face認証(Liquid社が提供するサービスで、「LIQUID eKYC」により登録した顔データとの照合による顔認証により取引を実施)など、最先端のセキュリティ導入によりID・パスワードレスを実現するなど、デジタルテクノロジーを駆使して優れたユーザビリティと高いセキュリティを両立させたサービスとなっている。

日本IBMは、長年に渡る、さまざまな金融機関の勘定系システム導入や優れたCXを備えたバンキング・アプリ開発と「次世代勘定系ソリューション戦略」にもとづいた変革により培った知見を踏まえ、「南都銀行アプリ」の開発を支援した。

具体的には、経営レベルの課題解決を協働で促進する包括的システム・アーキテクチャで、30を超える金融機関が導入しているデジタルサービス・プラットフォーム(DSP)を、南都銀行のホスト・システムとフロント・システムに連携した。

またDSP上の、金融サービス提供で必要となる業務を部品化した「業務マイクロサービス」を活用することで、開発スピードを向上させるとともに、「基幹系連携機能」により勘定系システムともシームレスに接続した。

またSBIネオファイナンシャルサービシーズは、南都銀行アプリのホーム画面や各種取引・紹介画面等をシンプルに使いやすく開発した。

[i Magazine・IS magazine]