Power SystemsのOpenShift対応がさらに前進 ~Kubernetes 1.21ベースの「Red Hat OpenShift Container Platform for Power 4.8」をIBMが発表

IBMは8月10日、Red Hat OpenShift 4.8に対応した「Red Hat OpenShift Container Platform for Power 4.8」(以下、OCP for Power 4.8)を発表した。

Red Hat OpenShift 4.8は、Red Hatが今年6月に発表したRed Hat OpenShiftの最新バージョンで、Kubernetes 1.21とCRI-O 1.21ランタイムインターフェースをベースとするKubernetesプラットフォーム。

Power Systemsユーザーは、今回のOCP for Power 4.8により、2020年4月のOCP for Power 4.3から同4.6(2020年11月)へと進められてきたPower SystemsのOpenShift対応をさらに強化し、コンテナ/マイクロサービスを本格的に利用する環境により一歩近づいた。

図表 Red Hat OpenShift Container Platform for Power 4.8で変わるPower Systems
図表 Red Hat OpenShift Container Platform for Power 4.8による統合管理によりPower Systemsのハイブリッド構成がさらに容易に

 

OCP for Power 4.8の主な強化点は以下のとおり。

・Kubernetes 1.21対応 
・複数のクラスタからのログを集約するクラスターログフォワーディング
・データストア(ETCD)の暗号化
・3ノードのクラスタのフットプリントを削減

Kubernetes関連で追加されたハイライト機能は、以下のとおり。

・OpenShift Pipelines
KubernetesリソースをベースにしたクラウドネイティブなCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリ)ソリューション。Tektonのビルディングブロックを使用し、実装の詳細を抽象化することにより、複数のプラットフォームへのデプロイメントを自動化。パイプライン定義のために、多数の標準的なCustom Resource Definitions(CRD)を導入した。

・Red Hat CodeReady Workspaces
オープンなEclipse Cheプロジェクトベースの開発環境で、一貫性のある安全な事前設定済みの開発環境を提供する。

・OpenShift Do (odo)
OpenShift上のコマンドラインインターフェイス(CLI)。対話型ヘルプ機能があり、アプリケーションのデプロイや修正のための一連のステップを統合している。

・OpenShiftサービスメッシュ
Kubernetesの管理機能。マイクロサービスベースのアプリケーションを接続・管理・監視するための統一された方法を提供。

・OpenShiftサーバーレス
開発者は、このサーバーレス機能により、インフラを意識にすることなく、コードの記述とデプロイに集中可能になる。

◎関連記事
マネージドサービス「IBM Cloud Kubernetes Service」がKubernetes 1.21に対応 ~仮想ネットワークやコンテナ・ランタイムなど独自の機能拡張も

[i Magazine・IS magazine]

More Posts