Home RPG 特集|どうする、RPG!  資産活用と人材育成に向けた11社の挑戦

特集|どうする、RPG!  資産活用と人材育成に向けた11社の挑戦

by kusui

資産継承性の高いIBM iユーザーでは、運用歴の長いRPGアプリケーションが今も多数稼働している。一般にRPG開発者の減少・高齢化が指摘されるなか、このユニークな言語を使って内製でシステム開発に取り組むユーザーたちは、どのようなコンセプトで資産の運用や開発言語/ツールの選定、人材の育成に取り組んでいるのだろうか。11社のIBM iユーザーに取材し、その「今」と「これから」について聞いてみよう。

・・・・・・・・

CONTENTS

Part 1 RPGで内製主義を貫くIBM iユーザーの「今」と「これから」

・・・・・・・・

Part 2 資産活用と人材育成に向けた11社の挑戦

 

リコーロジスティクス株式会社

IBM iの開発環境にオープン系との親和性をもたせ
外部のオープン系開発者を積極的に投入

・・・・・・・・

生活協同組合連合会グリーンコープ連合

IT経験のない30代・40代の職員を
ゼロからRPG開発者に育てる

・・・・・・・・

株式会社トーカン

基幹系はRPG、Web系はGeneXusで
組織体制と人材教育を考える

・・・・・・・・

滝川株式会社

RPG Ⅳを、ベテランと若手の文化をつなげる
橋渡し役にしたい

・・・・・・・・

豊鋼材工業株式会社

RPGとDelphi/400の混在型で
IBM iを今後も使い続ける

・・・・・・・・

株式会社ジャストオートリーシング

徹底した内製主義で
自社の強みをシステムに活かす

・・・・・・・・

株式会社アートネイチャー

基幹系はRPG、オープン系はJava
2本立ての開発スキルで人材育成

・・・・・・・・

日本調理機株式会社

外部にRPG開発者がいないなら
社内で育てていけばよい

・・・・・・・・

九州三菱自動車販売株式会社

外部要因による環境の変化に
柔軟に対応できるシステム部門でありたい

・・・・・・・・

澁谷工業株式会社

RPG、PHP、Java、Delphi/400
多彩な手法で自社開発を推進

・・・・・・・・

株式会社京王ITソリューションズ

これからも「自分たちの手で作る」ことの
意味を考え続けたい

・・・・・・・・

i Magazine 2017 Spring(2月)掲載

related posts