Home オープンソース 特集|メインフレームの現在・未来 ~岐路に立つスーパーサーバーを考える

特集|メインフレームの現在・未来 ~岐路に立つスーパーサーバーを考える

by kusui

 

日本の企業システムを長年にわたって支えてきたメインフレーム。
サーバー市場の統計(金額・台数)からはすでに脇役に退いて久しいが、
金融や大型製造分野では依然として主役であり、
IBM Zの場合、処理性能(MIPS)ベースの成長が続く。
その一方、別プラットフォームへの移行の動きもあり、
IBM Zをアナリティクスやマシン・ラーニングなどの
データ活用プラットフォームへと変える動きも顕著になりつつある。
メインフレームの現在・未来を、市場動向、関係者の証言、
技術、マイグレーションの現場など多角的にレポートする。

・・・・・・・・

PART 1  市場動向

メインフレームに対する認識はIBMユーザーと国産ユーザーでは異なる

福冨 里志氏
IDC Japan株式会社

・・・・・・・・

PART 2  座談会

IBM・ベンダー・SIerから見たメインフレームの現状と今後

内藤 祐史氏◎日本アイ・ビー・エム株式会社
高橋 利和氏◎ロケットソフトウェア ジャパン株式会社
荻野 圭一朗氏◎NTTデータシステム技術株式会社

・・・・・・・・

PART 3  メインフレーム技術の最新動向

①OSSを活用しzLinuxのシステム構成を自動化

②z/OS Connectによるメインフレーム資産のAPI化

③IBM Zはデータ分析、機械学習のプラットフォームへと変化する

④IBM Zへのあらゆるデータの取り込みを可能にするデータ仮想化技術

・・・・・・・・

PART 4 マイグレーション

「さらばレガシー移行センター」から見たメインフレームユーザー

板垣 清美氏◎JBCC株式会社

・・・・・・・・

PART 5 移行事例

株式会社武部鉄工所 

次世代のオープンな基盤を求め、30年来のACOSをIBM iへ移行 

 

[IS magazine No.21(2018年10月)掲載]

 

related posts