Home news&trend 特集|RPA  「身近な空白」をシステム化する新しい業務改革

特集|RPA  「身近な空白」をシステム化する新しい業務改革

by kusui

2017年のITキーワードとなったRPA(Robotic Process Automation)。セミナーやイベントはどこも超満員の盛況で、ブームであることを見せつけた。しかし、導入済みの企業は、まだ1割強程度にとどまる。RPAにかけられている大きな期待の理由はどこにあるのか。Part 1では、RPA市場の状況と、「システム化の空白」を埋めると言われるRPAの技術の特質と導入メリットを解説、Part 2では本誌が注目するRPA製品を紹介する。

・・・・・・・・
CONTENTS

Part 1 市場・技術・動向

新しい業務改革を促すRPAのインパクト

本格導入はこれから、ツール・サービスの整備が進む

・・・・・・・・

Part 2 本誌が注目するRPAツール

BizRobo!|RPAテクノロジーズ
WinActor|NTTデータ、NTTデータビジネスブレインズ
IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere|日本IBM
ipaS|デリバリーコンサルティング
AutoMate|三和コムテック
・・・・・・・・

Column 1

業務部門から問い合わせが殺到する状況
IT統制を視野に入れた取り組みが必要

Column 2

RPAのソリューションビジネスは
パートナーの強みを発揮するチャンス

Column 3

BPOサービスの定型業務に適用
STEP2は非定型業務の自動化へ

・・・・・・・・

IS magazine No.18(2018年1月)掲載

 

related posts